総会について

| コメント(0)

昨日今日と一斉に株主総会が開かれていますが、自分もPTAという組織のトップに一応いる人間なので総会を開く側です。赤字経営を報告しなければならなかったり、東電や関電のように株主から原発の稼動を中止せよなどの運営方針や取締役の人選についての要求など経営体制を指摘されるかもしれないとなると、言い方が悪くなりますが「総会をどう乗り切るか」をどうしても考えてしまいます。本当はそれではいけないのですが。

とにかく、前年度の活動報告などを細かく丁寧にして出席者から面倒な質問が出ないように務めます。もちろん後ろめたいことは何もしていないので自信を持って報告するのですが、質問が来ることを覚悟の上で臨んでいます。皆さんが納得する説明をする必要があるのでね。

だから、東電や関電の総会での説明には全く納得できないのは当然です。株主(それも筆頭株主)が提案した案が否決されるなんてどうしてなんでしょうか。

コメントする

この記事について

このページは、Dragon's Eyeが2012年6月28日 16:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「親の友達と子の友達」です。

次の記事は「実兄との関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。